会社員から自営業へ!社会保険、厚生年金から国民健康保険、国民年金にする手続き

人生の節目に転職を考える時、会社員から思い切って自営業を始める人も少なくはないかと思います。

しかし、自営業を始めるにあたっては色々な準備が必要になってきます。保険もその1つです。
特に会社員から自営業へ移る場合には、社会保険、厚生年金から国民健康保険、国民年金にする手続きが必要になってきます。

しかく
しかく

ここでは、私が開業のために調べた保険の手続きについて簡単にわかりやすく紹介させていただきますね。

さこた
さこた

よろしくお願いします!




必要な持ち物

保険・年金で共通の持ち物

  • 印鑑
  • 免許証などの身分証明書

保険の手続きで必要なもの

  • マイナンバーが確認できるもの
  • 健康保険資格喪失証明書
    前職の会社で発行してもらえるものですので、退職する前に発行の依頼をしておくといいでしょう。

年金の手続きで必要なもの

  • 年金手帳
  • 退職証明書など退職年月日がわかるもの

社会保険から国民健康保険の手続き

社会保険から国民健康保険への手続きをする際には退職後14日以内とされています。
そのためお住まいの市区町村役場へ行き、国民健康保険窓口で手続きを行うことが必要になります。この時、先ほど挙げた持参書類を忘れないようにして下さいね。

厚生年金から国民年金への手続き

年金の変更手続きについては、保険と同様に退職後翌日から14日以内に行うこととされています。
自宅近くの自治体の国民保険の係りで必要な持ち物を持参の上、種別変更届(この場合には第2号被保険者から第1被保険者へ)を提出して下さい。
配偶者がいる場合には、「被扶養者異動届」という扶養家族も手続きをする必要がありますので、こちらについてもしっかり手続きを行いましょう。

国民年金の免除申請をしよう!

辞めたばかりで年金を払う余裕がない、余裕が出てきたから年金を払いたいという方は年金免除申請の手続きもしましょう。
国民年金の免除申請には、離職票(もしくは、雇用保険受給資格者証)を持っていって手続きしてください。
全額免除、半額免除、1/4免除と様々な免除または減免が受けられるので支払いが不安な方は必ず行ってくださいね。

この手続きをしばらく忘れて未払いだとと、日立トリプルウィン(0120-211-231)から電話がかかってきます。
電話だけならまだしも、電話を無視し続けると突然家にやって来る可能性があるとのことなので、電話は出られる時は出て、日立トリプルウィンから自分の状況を聞いて年金を払うか免除申請するか適宜判断してください。
ちなみに情報伝達が遅いみたいなので、すでに手続きしたのに電話がかかってきた方は、無視しても大丈夫かと思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る