開業届と一緒に青色申告の手続きをする!青色申告はメリットがいっぱい!

開業を開始する際に提出することが求められる開業届(個人事業の開廃業等届出書)。

さこた しかくさん〜〜〜〜少し前に独立したんですけど、そういえば僕開業届けだしてなかったで...

しかし、この届出を出す際に一緒にして欲しい手続きがあります。
それが、青色申告の手続きです。正確には「所得税の青色申告承認申請書」を提出することになります。




青色申告って何なの?

青色申告とは、青色申告制度のことで開業してから2ヶ月以内に行う必要がある手続きのことです。
事業所得、山林所得に不動産所得とこの3つのうちのいずれかの所得がある人が利用することができます。

似たような制度で「白色申告」と呼ばれるものがありますが、これに比べると難しい帳簿付けが必要なのが青色申告です。

青色申告を行うメリット

難しい帳簿付けに、確定申告の書類が多くなるなど面倒なことも多い青色申告ですが、特別控除により節税ができるといったメリットが存在します。

65万円もの控除を受けられる

ちょっと面倒な帳簿付けですが、コツコツとつけていくことで65万円もの控除を受けることができます。

所得税と住民税の税率をそれぞれ10%とすると、

65万円 × 10% × 2(所得税と住民税)= 13万円

13万円もの税金を払わなくてすむことになります。

しかく
しかく

複式簿記で記帳してないと、控除が10万円になるので注意!

さこた
さこた

それは面倒ですね…

しかく
しかく

そんな時は、地元の税理士さんか、青色申告ができるソフトやネットサービスを利用するといいよ。





家族の給与を必要経費で計上できる

青色事業専従者給与といって家族の給与を必要経費にできます。

  • 生計を一つにする親族
  • 15歳以上
  • 6ヶ月以上従事

つまり同居してる15歳以上の親族が6ヶ月以上働くことになれば必要経費として計上できます。
その場合は「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に届け出てくださいね。

赤字は3年繰越せる

その年の赤字を確定申告で損失申告することによって、向こう3年以内に出る所得と差し引くことができるものです。

例えば、以下のケースで考えてみましょう。
1年目:300万の赤字
2年目:100万の黒字
3年目:400万の黒字

1年目は赤字ですので所得税は0円です。
2年目は100万円の黒字ですが、前年の300万の赤字を繰越損失額として相殺できるので、「100万円−300万円=-200万円」。つまり、この年も所得税は0円ということになります。
3年目は400万円の黒字ですが、前年度の繰越のマイナス200万円がありますので、「400万円−200万円=200万円」で、200万円のみが課税対象となります。

しかく
しかく

つまり青色申告をすると、3年間で500万円の課税対象が、200万円まで抑えることができる。

さこた
さこた

節税対策ができますね!

30万円未満の備品代等を一括計上できる

「少額減価償却資産の必要経費算入の特例」として、1個(or1組)あたり30万円未満の少額減価償却資産は、購入または使い始めた年度に一括して経費計上することができます。

さこた
さこた

減価償却資産ってなんですか?

しかく
しかく

減価償却資産は、業務のために用いられるパソコンやプリンター、ソフトウェアや飲食店では冷蔵庫などの一個あたり10万円以上の耐久性のある資産のこと。

さこた
さこた

すぐには壊れないけど時間の経過で価値が薄れるものっていうことですね。

しかく
しかく

そうそう。ただし土地は時間の経過で価値が薄れるものじゃないから例外だよ。

開業届なしにはできない

タイトルにもあるように、青色申告をするには開業届を提出することが絶対条件になります。
その為、青色申告の提出を考えている方は開業届を提出する際に、一緒に手続きを行うと二度手間にならなくて良いですよ。

さこた しかくさん〜〜〜〜少し前に独立したんですけど、そういえば僕開業届けだしてなかったで...

手続きの方法

お近くの税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出してください。
この申請書は税務署にあるので、税務署の方に聞きながら項目を埋めていくと早いと思います。

また、申請書のPDFファイルを国税庁のウェブサイトからダウンロードして印刷し、自宅で記入してから税務署へ持っていっても構いません。
国税庁/所得税の青色申告承認申請書

「所得税の青色申告承認申請書」の提出期限

今年度中に青色申告を行いたい方は「所得税の青色申告承認申請書」(家族に給与を支払う場合は「青色事業専従者給与に関する届出書」も一緒に)を開業日から2カ月以内または3/15までに出すようにしてください。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る